HOME >  最高の結婚写真を残す花嫁レッスン >  100倍キレイになるヘアメイク

100倍キレイになるヘアメイク

写真を撮る場合、プロのメークアップアーティストがメイクやヘアアレンジをしてくれるので、普段よりも100倍華やかに仕上げてくれます。でも、希望があれば、それをしっかりと伝えて、好みの仕上がりにしてもらうと、一層満足度がアップ!
ドレスや着物も考慮してテーマカラーを決めると良いでしょう。

ヒロインになれる花嫁メイク

写真のカット数を多めにオーダーした場合、思っていたよりもアップで撮影されることが多いもの。目元・口元・肌質、花嫁はぜ~んぶ気が抜けません!

アイライン&つけまつげ

やはり、できるだけ目を大きく見せたいと思う女性が多いようです。
ただし、目を強調したいからといって黒のアイラインと黒のつけまつげではなく、花嫁らしく優しい印象に仕上げるため、きれいなカラーを使ってアイラインを仕上げてもらうなど、プロならではのメイクテクニックを施してもらいましょう。

アイシャドウ&口紅

ドレスや着物の色合いに近い、アイメイクに仕上げてもらうと統一感が出ます。
口紅は、輪郭がはっきり出る濃い色は色っぽく、グロスなどで淡く仕上げると可愛らしい印象に。ドレスや着物のデザインによって、大人っぽく魅せるか愛らしく演出するか変えると良いでしょう。

ファンデーション

花嫁さんのメイクは基本的に普段よりも濃く仕上げられると思います。
写真を撮るため、ファンデーションはちょっとびっくりするぐらい厚塗りに。肌が弱い、乾燥肌で厚く塗るとシワが目立つなど気になる場合は、担当の方に相談すると良いです。

当日、普段、自分が使っている下地、ファンデーションを持参すると使えるかもしれません。プロが肌に合う明るさを選んでくれるとは思いますが、自分の肌よりも1トーン上げたいなど希望がある場合はきちんと伝えましょう。

衣装に負けないヘアスタイル

洋装も和装も今は、本当にヘアスタイルが豊富です。希望がある場合、雑誌の切抜きなどを持っていくと、イメージが伝わりやすくなります。

小顔に見えるアップスタイル

花嫁のヘアスタイルは一般的に、小顔効果のあるアップスタイルが多いようです。
ドレスには、清楚にまとめ髪にしたもの、毛先をちらしてボリューム感を出したもの、色々なスタイルがあります。前髪をつくる、おでこをすっきり見せる、という違いでも、印象は異なります。

和装は、色打掛の場合、カールさせた髪をルーズにまとめ、お花を髪に添えて洋装のようにスタイリッシュに仕上げるスタイルが人気です。

ドレッシーなダウンスタイル

ショートやミディアムヘア、ロングでも巻き髪で毛先に変化をつけ、ダウンスタイルを楽しむ方も増えています。生花を飾ったり、ティアラやリボンで演出したり、小物使いで華やかな印象に仕上がります。
衣装を着替えて写真を撮る場合には、アップからダウンにヘアスタイルをチェンジするのがおすすめ。印象がガラリと変わるので、写真のメリハリを出すことができますよ。