HOME >  最高の結婚写真を残す花嫁レッスン >  写真映えする衣装選びのコツ

写真映えする衣装選びのコツ

思い出に残る写真だから、いつもよりも何倍も、何十倍もキレイに写りたい!
ウェディングドレスや婚礼和装だって、普段から着慣れているわけではないから、自分に合ったものを選ぶのも、スタジオやロケーションの雰囲気に合ったものを選ぶのも、実は難しいんです。
ここでは和装・洋装、両方の衣装選びのコツを紹介していきます。

ドレスをきれいに魅せる選び方

ウエディングドレスは、やっぱり花嫁の憧れ。
自分の好きなデザインを直感で選ぶことも大切です。でも、それでも迷ってしまったら、下記に書かれているアドバイスを参考にしてみてくださいね。

ウエディングドレス

白は、清楚できれいなイメージを演出する反面、体のラインを膨張してみえます。体型を細く見せたいならデザインを選びましょう。
例えば、二の腕が気になるなら、パフスリーブはNG。腕の太さを強調してしまいます。
また、デコルテ部分の開いたカタチを選ぶと、首まわりがすっきりと見えます。

チャペルで撮影する場合は、裾が長いカタチを選ぶと、バックスタイルで撮影したときに豪華なウエディングドレスらしい写真を撮ることができます。
浜辺や都会スポットでのロケーション撮影には、なるべく裾を床にすらないような短めのデザインを選び、ドレスが汚れないようにするのがマナーです。

カラードレス

チャペルや式場での撮影なら、会場の雰囲気(配色)に合わせて、色をチョイスするのも良いでしょう。会場に使われているお花の色と合わせると、写真映えすると思います。外でのロケーション撮影なら、淡いカラーよりも、はっきりした色合いを選んだ方がまわりの景色と同化せずに目立つんですよ。

季節に合わせて、夏は爽やかな青系、冬はクリスマスっぽく赤系などで選ぶのもおすすめです。

和装を豪華に魅せる選び方

和装は、普段から着物を着慣れていないと、なかなか選ぶのに迷ってしまうと思います。
でも、あまり難しく考えず、色合いや柄を見て自分らしいものを選ぶのが大事です。それでも悩んでしまったら、下記のアドバイスを思い出してみてくださいね。

白無垢

振袖や羽織るうちかけ、小物類もすべて白で統一された装いであり、和装の中で一番格上とされる婚礼衣装です。
全身白ですので選びやすいと思いますが、主に、織りや素材の違いで分けられます。織りは、刺繍のような「唐織」や「錦織」は重厚な印象。「緞子」は、上品な光沢感ですっきりとした印象になります。
素材は、絹でできた「正絹」、絹と化学繊維を使った「交織」、「化学繊維」の3種類あり、価格帯で分かれています。

色打掛

色内掛は、花嫁ならではの華やかさ。主に種類は3つで、「染め物」と「織り物」、「刺繍物」の中からチョイスします。質感も印象も異なりますのでかなり印象に差が出ます。

柄の大きさや配色などでも、顔映りが違いますので、ぱっと見て生地だけを見て良いと思っても、実際に羽織ってみなければ分かりませんので、まずは、気になったものを合わせてみて選定すると良いでしょう。