HOME >  みんなの結婚写真エピソード >  ウエディング写真おすすめ活用法

ウエディング写真おすすめ活用法

結婚の記念として撮った多くの写真は、思い出として残すだけでなく、いろいろな活用法があるんです。凝ったデザインのアルバムにしてもらったり、特典としてフレームにお気に入りの1枚を入れてもらったりする方が多いですよね。

また、撮影した写真をデータでもらえれば、自分たちでパソコンを使って自由に加工することが可能です。アイデア次第でいろいろと活用できて、楽しみが広がります。

先輩カップルのおすすめ利用法は…

アルバムに残すだけなんてもったいない!せっかく撮った結婚写真をもっと活用して、自分も周囲も楽しみたいならこんな方法があります。

  • お気に入りの写真を結婚報告のハガキとして作り直し、友人や親戚に送る。
  • ウエディング写真を年賀状にしたけど好評だった。両家の親にはアルバムにして贈った。
  • 結婚してはじめての年賀状に写真を入れて報告する。
  • アルバムやDVDに残して、思い出の品に。いつか生まれる子供に見せる、など。
  • ベストな1枚をボードサイズにして額に入れ、新居に飾っておく。
  • 家族写真を撮った1枚を、両親にプレゼントする。
  • 前撮りした和装ロケ写真を利用して、駄菓子屋に売ってる「4個入りガム」のパッケージにしました。披露宴のお見送りのとき「マイがむ」としてみんなに手渡し。
  • 結婚式の前取りの場合は、当日会場に写真を飾ったり、ウエルカムボードとして利用したり、またはお色直し中にビデオとして流したり、参列者に見てもらう。
  • 友人だけの二次会形式の会をひらき、引き出物代わりに写真でテレカをつくりました。

撮った結婚写真、どうしてる?

結婚写真を撮ってもらった後、どのように保存・保管しているのか。新婚カップルのコメントを集めてみました。ハッピーな思い出にひたったり、報告用につかったり、結婚写真を大事にしているんです。

  • 本当に素敵なアルバムとDVDに仕上がっていて、何度見ても飽きません!
  • アルバムのページを開いて楽しくて幸せな時間を思い出します。みんなに祝福されて嬉しくて泣いたこと、素敵な写真を残せてよかったと思います。
  • 子供が生まれたとき、結婚写真を撮った同じ業者を選んで、同じデザインのアルバムを作成。
  • たくさんの写真データをもらえるので、自分たちでオリジナルカレンダーを作った。
  • デジタルフレームを購入し、スライドショーにしてふと目を向けるとそこに写真がある。パートナーも予想以上いいね、と言っています。

結婚写真を撮ったら、せっかくの大切な思い出です。この記事を参考に、いろいろ利用してみてくださいね。